必要性が高まっている!?企業に必要不可欠なBCP対策


自然災害に備えたBCP対策の必要性

世界的に見て日本は地震が多い国だということは多くの方が知っていることであると思います。それに加えて最近では火山活動や水害なども多く発生するようになっていますので自然災害に備えたBCP対策が急務となっている現状もあるんですよね。こうした大規模災害が発生してしまいますと、停電によって企業設備が使えなくなってしまいますし、故障してしまうということもありますので早急に復旧させるということが企業の事業継続に欠かせない要件になってくるんですよ。

国際的なテロの脅威に備えたBCP対策

日本ではテロということは無縁のように感じている方も多いですよね。しかしながら国際的なテロは増加傾向にあって、海外と取引をしている場合や海外に支社がある場合などは他人事ではなくなってくることでしょう。こうした国際的な観点から見てテロ発生時に際してBCP対策をしっかりと行っておくということが重要になってきます。これは国内の対策をすることはもちろんですが、海外で事件が発生してしまった際にもどのような行動をとれば良いのかをまとめておく必要がある分野となってきます。

ネット社会における情報漏洩に対するBCP策定

インターネットは非常に便利なツールであり、日常的に利用されているという方も多いことでしょう。しかしこうした便利なツールも一歩間違った使用方法をしてしまいますと、情報漏洩などの不祥事につながってしまいますので注意が必要なことでありますよね。インタネットは利便性に優れている半面で情報の拡散速度も非常に速いものなので、ちょっとした情報漏洩や不祥事でも大きなトラブルに張って新してしまいますよね。こうした危機に際しても業務へのリスクを最小限に抑えるためにBCP対策が求められているんですよね。

不測の事態を受けても業務を継続させるための総合的な方法=事業継続計画(BCP)について何らかの対策をとっておくこと。これが「BCP対策」です