個人で使用できるトランクルーム?トランクルームの種類3選!


マンションタイプのトランクルームのメリットは?!

マンションタイプのトランクルームは都内に多く見られます。物を収納する場所はマンションやビルなどが改造されて小さな空間となっています。24時間出入り可能のところも増えています。マンションタイプのトランクルームには常駐している管理人がいるので、セキュリティ面はしっかりしていると言えます。そのため、1人暮しの女性でも安心して利用することができるでしょう。また、屋内型なので雨天時でも濡れずに物を置いたり取り出したりすることが出来ます。

地方に多いコンテナタイプとは?!

地方の方で多く見受けられるのがコンテナタイプのトランクルームです。アスファルトによって舗装されている空き地などに、むき出しのコンテナが置いてあります。設置も簡単ですし、スペースが広いのにも関わらず、費用も安く利用できます。セキュリティ面では管理人などは常駐していないので、金銭的なものを保管するのは避けた方が良いかもしれません。大量の書類や器材を保管する場所としておすすめです。また、夏場はコンテナの中が50度以上になってしまう場合もあるので、溶けてしまうようなものは避けた方が良いでしょう。

倉庫タイプのトランクルームとは?!

都内にも地方にもある一番オーソドックスと言われているトランクルームです。大きな倉庫が間仕切りすることで区分し、保管場所とします。倉庫タイプの場合、プロの業者によって管理されている場所なので保管しておきたいものの安全面では一番信用して預けることができるでしょう。また、屋内型なので天候が悪くても、気温が高い日でも、保管しているものの状態が変化してしまうという事はほとんどないと言っても過言ではありません。

トランクルームとは、個人や企業の普段使わない事務機器や衣服などを収納する貸し出し倉庫の施設のことです。