外壁塗装に使われる塗料の選び方!価格とのバランスを考えよう!


価格は安いけど耐用年数が短い、アクリル樹脂塗料!

外壁塗装に使われる塗料によって様々な効果があるのをご存知でしょうか。その塗料の一つにアクリル樹脂塗料というのがあります。これは無色透明の塗料で、高温に寄って外壁が変色するのを防ぐ効果があります。その他に光沢の維持や外壁の色を保つ効果にも優れています。この塗料は塗料の中でも低価格なのでお得ですが、耐用年数が5年から7年と短い欠点があります。塗装の効果が切れる前に再び塗り替える必要性があるので、価格が安くてもトータルで考えると高くなる恐れがあります。

最も一般的な塗料、ウレタン樹脂塗料!

数ある塗料の中で最も一般的な塗料と言われているウレタン樹脂塗料というのがあります。これは耐摩耗性や耐候性、耐水性、耐油性など様々な点で優れており、床材にも使われています。さらに様々な外壁の種類にも塗装することが出来るだけでなく、価格も良心的かつ耐用年数が7年から10年と長持ちするので迷ったらこの塗料を選んだ方が良いかもしれません。環境にも配慮されていますし、様々な外的要因から守ってくれるのでありがたいですよね。

優れた品質を持つ、シリコン樹脂塗料!

多くの塗料の中で特に優れた品質を持つシリコン樹脂塗料は、品質に対して値段が比較的安価なので経済的に嬉しい塗料なのです。この塗料の特徴は外壁に塗装すると塗装膜の表面がガラスのような質感になるので、塗装された表面がとても硬くなります。なので外壁の結露が防げるだけでなく、防汚性や防水性にも優れているなど多くのメリットがあります。耐用年数も10年から13年と長く、塗り替えの時期まで長いので経済的にも安心出来ます。

外壁塗装の相場は、複数の事業者に見積もりすることで把握することができます。最近は、一括見積もりサイトもあるので活用すると良いです。