太陽光発電が次世代のエコエネルギーとして注目される理由は?


エネルギーを作り出すときに危険が少ない

火力発電にしても原子力発電にしても、どうしても危険がつきまといますよね。火力はとくに、炭鉱での事故が多くなって死亡者の数も増える傾向にあります。原子力発電は事故が起きなければいいのですが、事故が起こった際には大きな被害を周辺地域に巻き起こします。太陽光発電は、こうした危険がほとんどない点が魅力的だといわれています。まさに安全でクリーンな次世代のエコエネルギーです。今後は日本も太陽光発電を増やしていく必要があるでしょう。

二酸化炭素を排出することがないのでクリーン

火力発電は、大量の二酸化炭素を発生させてしまうのがネックです。原子力発電は、通常稼働している間はクリーンなのですが、一度事故を起こしてしまえば、数百年先まで放射能を出し続ける危険なものです。太陽光発電ではこうした環境汚染がまったくない点が素晴らしいですね。パネルを作るときにわずかに二酸化炭素が排出される程度ですから、ほとんど害はないです。無視していいレベルなので、クリーンなエコエネルギーだと評価されているわけです。

将来に渡って長期的にエネルギーを生み出せる

太陽光発電は、長期的に使い続けることができます。一度設置したパネルは、ほとんど放置しておくだけで数十年先まで自動的に電気を作り出してくれます。最低限のメンテナンスさえしておけば大丈夫な点も素晴らしいですね。石炭もウランも何も必要がありません。場所さえあれば大丈夫ですし、その場所も工夫をすれば作り出せます。日本は国土が狭いですが、住宅の屋根に設置をしたり、海洋上に設置をすることで大量の電気を生み出すことができるのです。

太陽光発電とはソーラーパネルを利用することによって発電する仕組みのことです。発電機を動かす他の発電と異なり、太陽のエネルギーを直接電気に変えるのが特徴です。